資格解答速報サイト



【大手専門学校のBATIC(国際会計検定)®  解答速報サイト】



BATIC(国際会計検定)® 公式ホームページ

資格の大原 解答速報(模範解答)

資格の学校TAC 解答速報

LEC東京リーガルマインド 試験解答速報






【BATIC(国際会計検定)® 資格の有力サイト】



BATIC(国際会計検定)® 公式ホームページ

2チャンネル 検索結果

twitter リアルタイム 検索結果




国際会計のスキルを証明する資格

BATIC(国際会計検定)®どんな資格?



国際会計検定(Bookkeeping and Accounting Test for International Communication)とは、東京商工会議所主催の「英語による会計に関する検定」で、略称はBATICといい、「バティック」と読みます。

グローバル化が進む中、日本の会計基準を国際的な会計基準へ統合する動きが進んでいるという背景から、特に外資系企業や海外拠点を持つ日本企業等で、国際会計のスキルを持つ人の需要が高まっています。BATICはそのような人材を育てるために生まれた試験です。

BATICは、「英文簿記」や「米国会計基準」、「国際財務報告基準(IFRS))に関する知識だけでなく、国際基準で作成された財務諸表の「日本基準への組み換え(リキャスティング)」の知識も試される試験です。試験は、原則としてアメリカの会計基準に則ったものですが、国際財務報告基準(IFRS)に準拠した問題も出題されています。





BATIC試験内容と勉強方法



東京商工会議所のBATICのホームページによると、試験詳細は下記の通りになります。
(http://www.kentei.org/batic/)

試験日程について、試験は7月と12月に2回行われています。受験資格も特にありません。

試験は、すべて英語による出題で1000点満点、択一式(マークシート方式)と、英語や記号、金額等による記述式で解答します。試験の難易度は、簿記準1級程度とされていて、範囲的に重なる部分が多く見受けられます。

また、午前の試験「Subject1」と午後の試験「Subject2」に分かれていて、詳細については下記の通りとなります。

Subject 1は英文簿記の試験で、全受験者「必須」の問題です。配点400点となり、試験時間1時間30分です。

Subject 2は「国際会計理論」の問題で、配点600点、試験時間2時間30分です。これは、」「任意」での受験が可能です。但し、Subject1で80%の正解である320点に満たなかった者がSubject2を同時に受験した場合は、Subject2は採点されません。

この試験は、合格・不合格という認定方法ではなく、「スコアと称号」という制度で受験者を評価します。BATICのホームページによると、下記の通りです。

・880 ~1000点 称号:コントローラーレベル

国際会計理論と国際的基準を理解し、国際的基準での財務諸表の作成、分析および国内基準からの組替えができるレベルです。会計手続き、会計方針、内部統制組織の策定とその推進ができます。

・700~879点 称号: アカウンティングマネジャーレベル

国際会計理論と国際的基準の基本的な部分を理解しているレベルです。月次および年度の会計報告ができる。適切な決算修正仕訳、精算表、基本的な財務諸表の作成ができます。

・320~699点 称号: アカウンタントレベル

ブックキーパーに対する簡単な指示、英語による会計帳簿の記帳および管理ができるレベルです。

・200~319点 称号: ブックキーパーレベル

基本的な会計取引を英語で理解できるレベルです。

・200点未満の場合は得点のみで、称号は付与されません。

認定期間については、会計基準は常に変更されているため、コントローラーレベル・アカウンティングマネジャーレベルの「認定期間は3年間」となっています。最新の会計基準への理解度を確認したうえで、認定期間を更新する制度をとっています。

勉強方法ですが、簿記の知識や実務経験がある人は、独学でもある程度のスコアを得ることはできます。但し、会計への知識がない場合や、ハイスコアを狙う場合は、スクールに通うことも視野に入れた方がいいでしょう。



BATICの資格をとったら?

「英語」と「会計」の両方のスキルが保証される資格なので、国内外での転職活動に有利となる場合があります。海外との取引をすでに行っている企業や、積極的に海外進出を狙う企業で歓迎されるでしょう。IFRSに関する業務に携わったことのある人材のニーズは高いので、その仕事を得るために役立つ資格と言えます。監査法人等よりも、グローバル展開をしている企業で活かせる資格だといえます。