資格解答速報サイト



【大手専門学校の解答速報サイト】

資格の大原 解答速報(模範解答)

資格の学校TAC 解答速報

LEC東京リーガルマインド 試験解答速報

ユーキャンの解答速報

Net-School 解答速報会

実教出版 解答・解説

資格★合格クレアール

みとみ学園 解答速報

中部会計専門学院 解答速報





【資格の有力サイト】

資格を取ったら年収が変わるのか管理人が試してみた。

資格団体 公式ホームページ

2チャンネル 検索結果

twitter リアルタイム 検索結果




会計・経理資格の登竜門!



日商簿記3級って、どんな資格?



簿記とは、簡単に言うと「金銭や商品・備品などの、お金とものの出入りを記録する方法」のことで、企業や個人事業主などの会計実務で役立つ資格です。

簿記には、「単式簿記」と「複式簿記」があります。

単式簿記は、現金・預金の入出金をベースにする「現金主義会計」を採用している簡単な簿記の方法です。個人事業主の白色申告者に認められている会計方法になります。

複式簿記は、「収入-支出=利益(損失)」と言う単純なものではありません。掛売上げや掛仕入れなど、取引とお金の出入りにタイムラグがある取引などを正確に計上することができます。収益や費用の「事実が発生した時点」で仕訳を計上する「発生主義会計」を採用しています。

現在、企業で採用されている会計方法のほとんどは、発生主義による複式簿記です。

複式簿記は、14世紀から15世紀のルネッサンス期にイタリアのヴェネツィア商人によって発明されたと考えられています。ドイツの文豪ゲーテは「簿記こそが、人間の精神が生んだ最も美しいものの一つである」と述べているほど、簿記はよくできた会計システムなのです。

日商簿記検定には下記の3種類があります。

・商工会議所が主催している大学生や社会人を対象とした「日商簿記検定」

・全国商業高等学校協会が主催する、商業高校の学生を主な対象とした「全商簿記検定」

・全国経理教育協会が主催する経理専門学校生を主な対象とした、簿記の検定である「全経簿記検定」

一般的に簿記検定と言うと、商工会議所主催の「日商簿記検定」を指します。ここでは、日商簿記の試験情報、試験対策について紹介します。

日商簿記3級の試験情報と勉強方法



商工会議所によると試験情報は以下の通りです。

http://www.kentei.ne.jp/bookkeeping/

簿記3級の試験は、企業の販売や購買活動など、「企業外部」との取引を記録・計算する「商業簿記」のみが出題にされます。

試験時間は120分で、合格基準は70%となります。2月、6月、11月の年に3回試験があります。簿記3級と2級を併願することは可能です。

簿記の試験では電卓を使用します。音が鳴る電卓などは使用不可になるので、電卓購入の際は、商工会議所のホームページでどのような電卓を購入すればよいかを確認するようにしましょう。





日商簿記3級の難易度と勉強時間について

簿記3級は、簿記の基礎となる知識を習得する試験です。初心者はこの3級から学習していくことになります。商業高校の学生や大学生から社会人まで、受験者層は幅広いようです。

合格率は30%~50%前後となっていて、簿記検定の中では、取得が比較的容易になっています。学習時間は概ね100~150時間程度が必要です。

テキストや問題集が充実しているので、独学でも合格は可能です。ただし、基本的には計算問題なので、テキストを読むだけではなく、練習問題や過去問をしっかり解くことが必要です。

また、簿記についてまったくの初心者の場合、簿記の「借方」「貸方」の基本概念を理解するのに苦労する場合があるので、苦手に感じた人は、通信講座やスクールに通うのも一つの手段だといえます。

試験前には、市販、またはスクール講座の模擬試験を、実際の試験と同じ120分で解いて、試験に慣れておくことをおすすめします。特に、「試算表」の問題をスムーズに解ける実力をつけておけば、合格へ近づく鍵となるでしょう。

簿記3級は、2級や1級の基礎となる試験なので、しっかりと勉強することが大切です。





上位資格にチャレンジしよう!



簿記3級は、会計に関する資格の登竜門となる資格です。この試験に合格は、会計に関する知識の基礎を持っていることが証明されます。会計事務所や企業の事務、経理部門で歓迎される資格です。

経理の人材に、簿記は必須の資格です。即戦力が求められる場合、簿記2級を募集条件にしている企業や会計事務所が多いので、この試験を合格した後は、簿記2級に是非チャレンジするようにしましょう。

また、税理士の受験資格の一つが、簿記1級の資格取得者となります。簿記を極めて、税理士試験を受けることを考えてみてもよいでしょう。