資格解答速報サイト



【大手専門学校の解答速報サイト】

資格の大原 解答速報(模範解答)

資格の学校TAC 解答速報

LEC東京リーガルマインド




【資格の有力サイト】

資格を取ったら年収が変わるのか管理人が試してみた。

資格団体 公式ホームページ

2チャンネル 検索結果

twitter リアルタイム 検索結果






介護の世界の登竜門!



介護職員初任者研修って、どんな研修?




介護職の主な仕事内容は、訪問介護における身体介護・家事援助などが挙げられます。

介護職員初任者研修とは、その名の通り、介護の仕事に従事する初心者向けの「研修」です。介護職として働くにあたり、最も初歩的な資格となっています。

より質の高いサービスを提供する介護職員を増やすことを目的として、厚生労働省により2013年から導入された研修です。

ホームヘルパー1級~2級と、介護職員基礎研修が廃止になり、2013年度からは「介護職員初任者研修」に一元化されました。

旧ホームヘルパー2級が元となった研修ですが、旧ホームヘルパー2級よりも「実技スクーリング」を多く取り入れたものになっています。より即戦力として、現場で活躍できるように工夫された研修となっています。

ホームヘルパー2級は研修を受講さえすれば修了書がもらえましたが、介護職員初任者研修では、研修が終了すると筆記試験を受けなければなりません。

ただし、筆記試験自体はそれほど難しくはありません。真面目に研修を受けていれば合格できるため、きちんと研修を受けることを試験の狙いとしています。

介護の資格は、初級レベルの介護職員初任者研修に連動して、介護職員実務者研修、介護福祉士、認定介護福祉士と段階的にレベルアップできる構成となっています。

長いスパンで、キャリアを積むことができるように、資格も改良されて整備されたものとなっていて、自分のレベルに合わせた資格取得が可能です。

介護職員初任者研修の受け方



この資格は、特に受講しかくはなく、誰でも取得することができます。資格の内容自体は旧ホームヘルパーと大差はありません。即戦力として、高齢者の支援ができるように、身体介護、生活援助、相談助言について学びます。

厚生労働省から指針を出された各都道府県により、それぞれの全130時間で、講義スクーリングと実技スクーリングを並行しながら研修が行われます。

一例をあげると、身体介護では、排泄、食事、衣類の脱着、洗髪、入浴介助、移動、移乗など演習を交えて入念に練習します。生活援助では家事援助中心のサービスについて学びます。

研修が終わると、 介護職員初任者研修の資格取得時に、修了評価の筆記試験を受ける必要があります。修了試験は約1時間の筆記試験です。

介護職員初任者研修の修了試験の合格率については、2013年にできた比較的新しい資格なので、はっきりとは数値で現れてはいません。ただし、「落とすため」の試験ではなく、きちんと講習を受けていたかどうかを確認する試験なので、研修の講義と演習を真面目に受けていれば、たいていの場合は合格する試験となっています。

介護職員初任者研修の資格取得にはどんなメリットがあるの?



高齢社会を迎えた日本では、介護分野の人材不足は深刻な社会問題となっています。

したがって、介護職員の人材の需要は非常に高く、求人も多く存在し、日本社会にとって必要不可欠な存在となっています。

介護職の実務経験や介護職員初任者研修の資格を持っておけば、働き先は数多く存在します。正社員に限らず、パート、アルバイトなど様々な求人があるため、子育て中などの家庭の事情により、フルタイムで働くことができなくても、自分のライフスタイルに合わせて勤務形態を選ぶことができます。

また一方で、介護職員初任者研修を取得しないまま、介護職として採用された場合、施設から費用を負担してもらって、講習に参加できるというところが多く存在します。

まだ、介護職員初任者研修を受けて修了していない人は、先に就職をしてから、職場から費用を出してもらって、介護職員初任者研修を受けることもひとつの手段です。

求人票や面接の際に確認するとよいでしょう。